XML

紙だけ、WEBだけ、といった単一の媒体によるコミュニケーションは既に過去のものだと私たちは考えます。当社は、印刷とウェブの世界を連携させる「ワンソース・マルチユース」(単一の情報を多様な媒体で展開すること)を実現するためのツールとしてXMLをハンドリングすることができます。

皆さんは、「紙の印刷物を作成すること」と「WEBサイトを制作すること」を別な作業と捉えてませんか?
同じコミュニケーションツールなら紙とウェブサイトも連携、並行させて制作することで効率的な制作作業が実現できます。 現在のWebパブリッシングの主役はいうまでもなくHTMLですが、多くのウェブサイトの裏側で動くデータベースに蓄積されたデータを、XMLを駆使することでHTMLと紙の両方同時に展開することができます。

多媒体への展開に適したXML

あるひとつの原稿を用意し、カタログ製作とWEB製作をすることになった。 カタログ製作はA社に依頼し、WEB製作はB社に依頼しよう。

はたしてそれが最善策か検証
ひとつの原稿があり、カタログとWEBという異なる2つの媒体をつくるなら、原稿にはなにも手をつけずに2つのレイアウト情報を作成すればそれで済みます。それを実現するのがXMLなのです。当社はその実現への手助けをします。
XMLを利用した場合のメリット
  1. 2つの仕事を1社がするからコスト削減
  2. 2つの仕事を同時にするから、タイムラグがない。
  3. 原稿がひとつだから、途中に変更・訂正がはいっても、同時対応。
  4. 文字データはつねに最新状態で保管可能。しかもお客さまの手元で。

大量ページ制作にXML データ再利用に便利なXML

毎年発生する大量ページもの印刷物(例:○○年度名簿、○○年版講義概要)を製作する季節が今年もやってきた。今年度用のテキストデータをそろそろ準備しなければ。昨年と違うところはどこだっけ?原稿が準備できたから、いつもお願いしているA社に発注しよう。(A社にいつも頼んでいるから、この作業は慣れてるしなあ、、、)

はたしてそれが最善策か検証
製作業者に依頼、指示するまでの段階でもお客様の作業が発生しますね。 そんなときもXMLを利用するとワークフローがスムーズです。 つねに一定のレイアウトで大量ページということは、言い換えれば毎回変更になるのは中味のテキストデータのみである。レイアウト情報は変わらない。 ならば、中味のテキストデータをお客様の手元でつねに管理しておき、そのデータを用意されたレイアウトフォームに流し込むだけで組版完了、という流れになればなんと効率的か、と思います。XMLを利用することで、これが実現できます。
XMLを利用した場合のメリット
  1. XMLには、そのデータにレイアウト情報を付与するXSLスタイルシートという仕様が存在するため、用意されたテキストを、用意された目的別のレイアウトフォームに自動で流し込むことができる。
  2. そのうえ、XMLとXSLの連携で、目次、索引、ノンブルなどの自動作成までできる。
  3. 中味のテキストデータをお客様の手元でつねに管理しておき、制作物が必要なときそれを投入するだけで、制作作業が完了。

XMLの利用価値

XML(Extensible Markup Language)とは、文字通り、単なる意味付けされたテキストデータです。テキストデータだから、だれでも扱えるのです(タグづけの記述規則を習得さえすれば)。XMLの必要不可欠なパートナーとしてXSL(Extensible Stylesheet Language)という概念があります。

XSLはレイアウト情報を管理しているXMLデータです。これを扱うには熟練したスキルが必要です。「今までのデータのフォーマットや標準規格に比べてなにが新しいのだろう。」と思われる方も多いと思います。XSLとは、XML文書を他の文書形式に変換する道具だと思ってください。

お客様がXMLを取り扱われ、当社がXSLを駆使することによって、生まれてくる可能性は無限のものがあります。
テキスト情報とレイアウト情報を分離する。つまりXML+XSLを利用すれば次の5つのメリットがあります。

  1. テキスト情報を常にお客さまの手元で最新状態で管理できる。
  2. 多媒体展開がスムーズ。
  3. 再利用・複版が多い印刷物は、再版時以降のハンドリングが容易。
  4. 大量ページもののハンドリングが容易
  5. 目次、索引も自動生成する。

当社のXMLの守備範囲

前述しましたが、お客様がXMLを取り扱われ、当社がXSLを駆使することによって、生まれてくる可能性は無限のものがあります。XSLには、XSLT(XSL Transformations)とXSL-FO(Formatting Object)の2つがあります。XSLTは、元となるXML文書の中から要素や属性等を取り出して、別の形式(別のXML,HTML)に変換するためのものであり、XSL-FOは、XML文書をページ概念をもつ媒体(紙、PDF)に変換するものです。  当社がXSLを扱いレイアウト情報(XSLスタイルシート)の作成をいたします。 XMLを紙に適したレイアウトを施すと同時にPDF化し、印刷までいたします。

XML技術を活用した印刷物の作成をご検討の企業・団体様へ
まずはご要望をお聞かせください。折り返し、2営業日以内に担当者よりご連絡いたします。 あさひ高速印刷に見積もりを依頼する メールアドレス:thanks@ag-media.co.jp

営業スタッフ訪問エリア:大阪・京都・神戸・東京23区(スタッフの人員に限りがあり、必ずしもご期待に添えない場合もございます)
その他の地域でも、電話・メールによるご連絡で完結できる場合は、上記のエリア以外でも対応できることもございます。
詳しくはお問合せください。