お知らせ


トップページ ≫ お知らせ ≫ 森林認証を取得しました。

森林認証を取得しました。

2008年04月21日

森林認証紙当社では、2007年12月より森林認証チームを発足し、社内教育などを積み重ね、審査を受けた結果、このたび認証取得の運びとなりました。

森林認証紙は、GPNガイドラインの改定や、再生紙の偽装問題などに伴い、これまで紙類の購買方針に再生紙だけを掲げていた企業や、環境問題に関心の高い企業の中で採用の動きが活発化しています。

日本における事例
森林認証制度は、森林破壊を防止し森林保全と木材利用が両立できる森林を世界的に管理しようと始まった制度です。
企業のCSR活動の一環として、CSR報告書に森林認証紙を使用したり、環境に配慮した製品のマニュアルなどに使われています。

森林認証紙を使用するお客様のメリット

森林認証紙をお使いいただくことで、お客様には次のようなメリットがあります。

  • 適切な森林管理を支援
  • 企業の社会的責任の一つに
適切な森林管理を支援

森林認証マークは、持続的に森林を利用できるよう、計画伐採や植林などで適切に管理された森林の木材が使用されていることを証明します。植林するだけでは健全な森には育ちませんし、また伐採だけでは森が消滅します。
この2つがうまく調和することで、持続的な森が生まれるのです。このマークには、森林認証紙が市場で評価され、積極的に購入されることで管理された森林を増やそうという狙いもあります。つまり、森林認証制度は、適切な森林保全の動きを支援している証明でもあります。



企業の社会的責任

森を管理することで、ブラジルやインドネシアなど世界各地で行われている違法伐採や森林破壊を防ぐことができます。また、木を植え、育て、伐採というサイクルを回すことで循環型社会を形成することにつながります。森林認証制度は、環境に対する企業の社会的責任が高いことを証明してくれるものでもあります。



森林認証紙・マークを使用するには

印刷物にマークをつけるためには、認定を受けた認証機関によるCOC審査に通り、印刷会社、その他その加工に関わる会社が認証取得者として正式に登録される必要があります。このマークをつけた製品は、管理された森からの木材であることを証明できます。 弊社ではFSC®の認証取得者として登録されました。

FSC®: Forest Stewardship Council
FSC1993年に社会・環境・経済的側面に関わる広範囲にわたる利害関係者を中心に発足した組織で、世界的規模で森林認証を実施しています。
森林施業のほか、林産物の生産・加工・流通管理の認証制度があり、それら各工程の全てを認証取得組織で手がけた林産物に対してFSC®認証のラベリングを認めています。国内の大手製紙メーカーはほぼ認証を取得しており、認証紙としては最も多く流通しています。
COC審査とは
COCとは「Chain of Custody」の略で「管理の連鎖」という意味があります。林業から製紙会社、そして印刷用紙を扱う卸会社、印刷会社と加工・流通にかかわるすべての業者が「鎖」のようにつながって登録されていることが絶対条件になります。森林から製品に仕上げる会社まですべて登録されることで、最終製品になるまでの責任所在を明確にできます。
FSC®マークを製品につけたいお客様に関する問い合わせ先
あさひ高速印刷に見積もりを依頼する