講義概要シラバスについて

トップページ  ≫  法人向けサービス  ≫  印刷  ≫  講義概要・シラバス

学生にとって、シラバスは履修科目を選択する際の最も重要な資料のひとつです。
使い手の視点に立ち、読みやすさ、索引等の検索性に配慮しながら編集することが肝要です。

シラバスは、授業計画やその詳細として学生が利用するだけではなく、在学生のご家庭、進学を希望する高校・中学の生徒、教員をはじめ地域社会へ向けて、大学にとって最も大切なコンテンツである教育内容を情報提供する手段としても大変重要な役割を担っています。
データベースとインターネットを利用することで、こういった目的を容易に安価で実現することができます。

講義概要・シラバスとは
各学校の教育活動に関する詳細な計画書のことで、教科・科目をはじめとする様々な教育活動について、目標と内容、使用教材、指導計画、指導方法、評価方法等が記載されるものです。

すべての行程を社内一貫生産。
ご担当者様に余計な手間はかけさせません。

正確で高品質なシラバスを制作する生産体制

従来は主に紙に印刷された冊子の形で学生に配布されることが多く、その編集作業に教務課職員とコンテンツ提供者である教員との間で原稿のやりとりと調整、またそれを短納期に印刷会社に仕上げさせるという時間・コスト的に負荷の高い業務が毎年のように発生します。
弊社なら、組版-社内校正-製版-印刷-製本というすべての工程を社内で行いますので、高品質で正確、そして迅速な制作が可能です。

≫ 弊社の生産体制について詳しくはこちら

Webシラバスシステムを活用して
もっと見やすく、もっと使いやすいシラバス作り。

インターネットや携帯電話、スマートフォンの普及に加え、高校生のITリテラシーの向上に従って従来の紙による配布だけでなくCD-ROMもあわせて制作・配布、またインターネットによる公開といったマルチデバイスへの展開も当たり前になりつつあります。

電子化によるメリットは次のようなものが挙げられます。

  • 検索性の向上(全文検索や絞り込み検索等が容易)
  • 次年度のデータ作成が容易になり、制作業務の労務コストが削減できる
  • 不特定多数に対して授業カリキュラムの公開が低コストで可能になる。

印刷物の持つ信頼性、一覧性、使いやすさと合わせて、シラバスのマルチデバイス展開もおまかせください。

シラバスのメリット

シラバスの作成にあたって、フォーマットづくりから印刷・製本まで。
さらに、Web展開へのお手伝いもしております。


誌面のフォーマットづくりのお手伝い

電子シラバスへの移行を視野に入れた場合、形式を定めて構造化された書式をつくることが不可欠です。
XMLやデータベースのハンドリングに長けた弊社スタッフが、データの再利用までふまえた最適なフォーマットづくりをお手伝い致します。

信頼できる組版技術、印刷・製本設備

長年、多数の大学や学会・研究機関等の文字もの冊子やカラーパンフレット、ウェブやCD-ROMをお手伝いさせていただいています。
文字や体裁の間違いを最小化するワークフロー、短納期に対応できる多数の訓練されたスタッフ、最新の製版・印刷設備と品質管理された工場。
最新の技術を磨く一方で、お客様の重要な情報を扱う会社として基本をきっちりと固めることも忘れません。

CD、DVDや電子ブックによる電子化、システムによる自動化を実現

印刷物のシラバスをいきなり電子化してインターネットにて公開することを躊躇される場合、電子化へのステップとしてまず「CD-ROM」で配布されることをお勧めします。
よくあるトラブルとして、原稿を制作した後、印刷物を加筆・訂正したのにCD-ROMの原稿は訂正前の状態で直っていなかった、というものがあります。
私たちはデータベース技術を活用し社内にて一貫したワークフローで並行的に印刷物とCD-ROMに制作しますので、上記のようなトラブルを最小限にとどめると同時にコストを低く抑えることができます。

インターネットによるウェブ公開

インターネットに授業カリキュラムを公開するときに、その目的と投資のバランスを考えることが不可欠です。
弊社ならシラバスを作成する前段階からウェブ公開を前提としたワークフローを組んで静的なhtmlをご提供することもできますし、従来の大学ホームページにリンクする形で安価、安全なデータベース構築(MySQL+PHP)もお手伝いすることができます。

効率のよいシステム構築例
シラバス作成をご検討の学校・教育業界のみなさまへ
まずはご要望をお聞かせください。折り返し、2営業日以内に担当者よりご連絡いたします。 あさひ高速印刷に見積もりを依頼する メールアドレス:thanks@ag-media.co.jp

営業スタッフ訪問エリア:大阪・京都・神戸・東京23区(スタッフの人員に限りがあり、必ずしもご期待に添えない場合もございます)
その他の地域でも、電話・メールによるご連絡で完結できる場合は、上記のエリア以外でも対応できることもございます。
詳しくはお問合せください。




あさひ高速印刷の社員インタビュー

印刷物とデジタルコンテンツの有効活用を、
積極的に提案していきたいと考えています。

 — 担当しているお客様と業務内容を教えてください。
営業として東京エリアを担当しており、大学や企業さを中心にお取り引きさせていただいています。特に、学校関係では入試課、広報課、教務課、図書館課、総務課など様々な課があり、各課の先生や職員の方からご依頼を受けた印刷物や各種ツールについて、お客様のイメージ通りのものを、責任を持って納品することが私の仕事です。
 — 具体的にはどんな印刷物を手掛けていますか?
得意にしてるのは「シラバス」ですね。
シラバスというのは各学校の教育活動に関する詳細な計画書のことで、教科・科目のほか、講議の目的や内容、教材、指導計画、評価項目などが記載された冊子です。
学生さんはこのシラバスを見て時間割りを作ります。
また先生方も指導を進めるうえでの材料に使います。学校において欠かす事のできない、大変重要なツールがシラバスなのです。
 — 作成にあたり、どんなことに気を配っていますか?
シラバスはページ数が多く、制作にも3 〜4ヵ月程度の期間を要します。担当される学校の職員の方は、原稿集めや印刷会社との打合せなどで、長期間に渡り大きな負担を強いられるのです。そこで私は、できるだけ作業を効率化し、ご担当者様の負担軽減を図るように心掛けています。
例えば原稿集め。ある大学では、書式も分量も作成ソフトもバラバラの原稿が集まってくるため、それを整理する担当者の方が大変苦労なさっていました。そこで、あらかじめフォーマットを当社で作り、そのフォーマットで原稿依頼をしていただくように作業工程を見直したのです。その結果、原稿のバラツキがなくなり、ご担当者様の負担が大きく軽減されました。
 — 大学や専門学校のツールについて、最近の傾向はいかがですか?
印刷物をCD-ROMにしたい、あるいはホームーページで公開したい、といった発注や問い合わせが増えていますね。幸いにも弊社は、関西の印刷会社の中でも早い段階でコンテンツのデジタル化に取り組んできましたので、CD-ROM化やホームページ作成にも積極的にご対応させていただいています。例えばオープンキャンパスの告知にしても、概略を印刷物でまず伝え、詳細はホームページに誘導し、詳しく知ってもらう、というように、それぞれのメディアが持つ特長に応じて両方を使い分けるような、メディアの有効活用を、積極的に提案していきたいと考えています。
 — あさひ高速印刷に発注するメリットは何でしょうか?
あさひ高速印刷はその名の通り印刷会社なのですが、グループに編集系冊子の得意なデザイン会社を擁しているため、入学案内パンフレットやポスターなども高いクオリティーのものをご提案できます。またホームページをはじめとする各種デジタルコンテンツ制作にも力を注いでいますので、中規模の学校様であれば、学生募集に関わるツールを、ほぼ漏れなくお手伝いできると思います。発注先を一つにすれば、ご担当者様の業務の負担の軽減になりますし、代理店のような中間マージンが発生しないため、コスト削減にもつながるのではないでしょうか。
あさひ高速印刷(株)
東京営業所 営業部 主任 山中


東京を中心に、通信教育や大学といった教育関係や、ホテル業界など、幅広い業界のお客様に対し、定期刊行物の作成〜印刷までをお手伝いしています。

≫ 東京営業所へのアクセス方法はこちら