バリアブル印刷(データ可変印刷)

トップページ ≫ 法人向けサービス ≫ 印刷 ≫ QRコード

QRコードと印刷を組み合わせる

今や「QRコード」は、雑誌やコンビニのレシート、缶コーヒーなど、日常であたりまえのように見るようになりました。
QRコードを読み取る機能も特別なものでなく、標準的に大半の携帯電話やスマートフォンにはついています。ポスターや広告・クーポンといった印刷物のQRコードからアクセスしてもらいやすくなりました。きっかけとしてのチラシやポスター、情報提供のウェブサイト、この両者をうまく使うことで、ユーザをウェブサイトに誘導することができます。

QRコードを印刷物に付加した場合

  • ・広告やクーポンなどに、「QRコード」に会場やお店の地図を掲載したURLを埋め込む。
  • ・観光地のポスター等に、その名所についての情報が記憶されているURLをQRコードにし、印刷する。

「QRコード」と「バリアブル印刷」を組み合わせて、広告の効果を測定を行うことも可能です。
広告の配付地域ごとにリンク先の異なるQRコードを配置し、アクセス数を分析することにより、より高いレスポンスを返してくれる地域を特定することができます。

QRコードを用いた実例紹介

QRコード付きのポイントカード

大手IT企業の運営するモールが、
リアルイベントで配布したQRコード付きポイントカード


<制作の目的>
ポイントカードを来場者に配布し、WEBモールでの購買にそのポイントが利用できるという、リアルからネットへの誘導を目的とする。

<制作のポイント>
ポイントカードの裏面に、QRコードとユニークな英数字を印刷し、配布するカードが1枚ずつ異なるように作成しました。配布用カードなので、名刺くらいの厚さの用紙に印刷し、枚数は、2万枚から20万枚のカードの製作を行ないました。
QRコードとユニークな英数字は連動されており、QRコードからそれぞれの個別のURLにアクセスさせ、流入経路を分析し、広告の効果を測定を行うことができます。

それぞれの個別のURLにアクセスさせたり、QRコードのみ固定しておいて、ユニークなコードを印刷し、ユーザに入力してもらうなど方法は様々あります。携帯電話やスマートフォンにあるQR コードを読み取る機能を利用すれば、インターネットとの親和性はばっちりです。
QRコード付きの印刷物は、リアルからネットへとつなぐツールとして、活用できます。

QRコードのバリアブル印刷を作成をご検討の企業・団体様へ
まずはご要望をお聞かせください。 折り返し、2営業日以内に担当者よりご連絡いたします。 あさひ高速印刷に見積もりを依頼する メールアドレス:thanks@ag-media.co.jp

営業スタッフ訪問エリア:大阪・京都・神戸・東京23区(スタッフの人員に限りがあり、必ずしもご期待に添えない場合もございます)
その他の地域でも、電話・メールによるご連絡で完結できる場合は、上記のエリア以外でも対応できることもございます。
詳しくはお問合せください。