自動組版システム

トップページ  ≫  法人向け印刷サービス ≫  業務改善・効率化  ≫  自動組版システム

「大量データ」×「定型フォーマット」の印刷物なら
自動組版システムで「短時間」「低コスト」を実現します。

あさひ高速印刷では「自動組版システム」を導入しています。
カタログ、名簿、シラバスなど定型フォーマットに大量データを流し込む印刷物でも、短時間で効率的な組版体制を実現しました。

自動組版システムは、あらかじめ用意しておいたテンプレートにエクセルやCSVなどのデータベースを流し込み、テキストや画像をレイアウトしていく組版システムです。
これまで手作業で行っていた作業をより効率的にできるので「スピードアップ」「品質の向上」「コストダウン」を図れます。

自動組版システムの3つの特長

組版の制作時間の短縮し、スピードアップします
ページが大量にある印刷物なら、手作業での組版に比べて、制作時間を短縮できるため、大幅なスピードアップが期待できます。
一定のルールで組版されるので紙面の品質が均一化します
ページ数が多い程、各ページの体裁を揃えるのは困難になりがちです。一定のルールの下にシステムによる組版することでばらつきを最小限にします。
人為的なミスの防止につながります
手作業による組版よりも人の手を介する回数を減らせることができ、人為的ミスを極力回避させます。

「レイアウトに規則性のある印刷物」なら自動組版システムが最適です。

一定の規則性があれば、手作業の組版よりも自動組版システムの方がより効率的に作業を進めることででき、納期の短縮や各ページのクオリティを均質化できます。レイアウトが複数ある場合でも、条件によってわけることができれば、1冊の本にいくつかのレイアウトで完成させることができます。
逆に、ページごとにレイアウトが細かく指定されたり、毎回異なるレイアウトの場合は向いていません。

カタログ
商品ごとのレイアウトも複数準備して効率よく並べることができます。テキストだけでなく、商品画像やQRコードも自動で組版できます。
シラバス
1科目ごとにレイアウトが決められている場合が多くよく利用されます。学部や学年ごとにレイアウトが違っても条件分岐の機能で一度にデータの流し込みができます。
紀要・論文
ある程度テンプレートが決まっていれば、テキストや図を一度に組版できます。組版後でも体裁を整えることができます。
名簿
名簿にある所属、名前、住所などはレイアウトに一貫性を持たせやすく、正確性が求められます。 弊社なら万全の情報セキュリティ体制で安心しておまかせいただけます。
情報誌、チラシ
同じチラシでも店舗ごとや担当者ごとに作ることができます。レイアウト変更の少ない情報誌であれば2回目以降の組版時間が大幅に減らせます。
取扱説明書
商品やサービスでも型番のちがいで同じようなレイアウトでれば自動組版システムを適応すると効率的です。

自動組版システムの流れ

最終の完成する本のページレイアウトの検討し、あらかじめ用意するテンプレートとデータを作成します。それに基づき自動組版システムで組版設計を行います。

大量のページ物でお困りでしたら、まずはご要望をお聞かせください。
折り返し、2営業日以内に担当者よりご連絡いたします。 あさひ高速印刷に見積もりを依頼する メールアドレス:thanks@ag-media.co.jp

営業スタッフ訪問エリア:大阪・京都・神戸・東京23区(スタッフの人員に限りがあり、必ずしもご期待に添えない場合もございます)
その他の地域でも、電話・メールによるご連絡で完結できる場合は、上記のエリア以外でも対応できることもございます。
詳しくはお問合せください。