あさひ高速印刷について-沿革-

1950年(昭和25年)
大阪市阿倍野区にて前身となる阪和印刷社を設立。
1964年(昭和39年)
法人組織として、 あさひ高速印刷株式会社に改称し、 総合印刷の機能、 発想から発送までの企画生産ラインに構築。
1969年(昭和44年)
自動製版機を導入し、複写印刷を開始。現在地に新社屋を建築。
1980年(昭和55年)
東京営業所を開設。
1986年(昭和61年)
宝塚営業所を開設。タウン誌「ウィズたからづか」発刊。
1987年(昭和62年)
第30回軽印刷作品展において「通産大臣賞」を受賞。
1990年(平成2年)
メディカル事業部を開設し、医薬データ解析業務の受注体制を整える。
1992年(平成6年)
Macintoshを主としたDTPシステムを構築。 イメージセッターを導入。
1994年(平成8年)
インターネット・ホームページ・パソコン通信によるデジタルネットワーク (GEO-NET) を開設し、 通信による営業活動、 情報提供を開始。
"関西外国語大学50年史" で労働省職業能力開発局長賞を受賞。
1997年(平成9年)
“大阪体育協会50周年史”で労働大臣賞受賞。
1998年(平成10年)
プリプレス部門でCTPを導入することによりフルデジタル化を達成。
1999年(平成11年)
医薬関連に特化して、それを支援しうる医薬関連チームを創設。
2002年(平成14年)
本社、ISO9001を取得。(認証機関:日本品質保証機構<JQA>)
2003年(平成15年)
京都出張所を開設。(京都KRP内)
新ワークフロー「アボジーシステム」とバイオレットレーザーCTP「ガリレオVXT」を導入。
2006年(平成18年)
モノクロオンデマンド機「ゼロックスF1100」を新たに導入。
2007年(平成19年)
カラーオンデマンド機「ゼロックスDC7000」を導入。またモノクロオンデマンド機「ゼロックスF1100」を増設したり、オンデマンド専用無線綴じ機、断裁ロボットを導入し、製本工程までを含めたオンデマンドシステムが完成。
調色の標準化と効率化を図るため調色機を導入。
2008年(平成20年)
CTPをケミカルレスに更新。森林認証を取得するとともに、「E3PAゴールドプラス認証」取得し、環境保護印刷に適合。
2009年(平成21年)
「グリーンプリンティング認定」を社団法人日本印刷産業連合会より取得。
2010年(平成22年)
個人情報を含む機密情報を適切に取り扱うため、「プライバシーマーク」を取得。
オンデマンド需要増に対応するため、カラーオンデマンド機「ゼロックスC800」を増設。
品質保証体制構築のため「データ検査装置」と「印刷物検査装置」を導入。
2012年(平成24年)
短納期・小ロット化を対応を図るため「ハイブリッドUV4色カラー印刷機」とカラーオンデマンド印刷機「ゼロックスC1000 press」を導入。
2013年(平成25年)
菊四裁4色印刷機にLED-UV装置を増設。
2014年(平成26年)
更なる短納期・小ロット化対応のため、C800 PressをC1000 pressに更新する。
印刷・製本をご検討の企業・団体様へ
まずはご要望をお聞かせください。折り返し、2営業日以内に担当者よりご連絡いたします。 あさひ高速印刷に見積もりを依頼する メールアドレス:thanks@ag-media.co.jp

営業スタッフ訪問エリア:大阪・京都・神戸・東京23区(スタッフの人員に限りがあり、必ずしもご期待に添えない場合もございます)
その他の地域でも、電話・メールによるご連絡で完結できる場合は、上記のエリア以外でも対応できることもございます。
詳しくはお問合せください。